【番外編のネタバレ】姉はヤンママ授乳中in熱海編・実家編※抜けるエロ漫画

【番外編のネタバレ】姉はヤンママ授乳中in熱海編

 

【姉はヤンママ授乳中in熱海編】

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はBookliveコミックで

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

姉はヤンママ授乳中in熱海編

<<お試し読み>>

姉はヤンママ授乳中in実家編

<<お試し読み>>

【姉はヤンママ授乳中in熱海編】のネタバレ

ここまであたしのこと好きになってくれた人は初めてかもしれません。

 

付き合っている彼氏とはあんまりうまくいっていなかったんですが、別れるにも何もきっかけもなくてなんとなく二人でずるずる付き合っているときに、その人と出会ったんです。

彼はなにがそんなにいいのか私を好きだって告白してくれて、彼氏いるからと断っても何度も誘ってくるんです。

 

根負けするような形で一度だけそういう関係になってしまいました。でもその時に彼が言ったんです。

 

これから先、彼氏とエッチするとき、絶対に俺の顔を思い浮かべて後悔してしまうような位のsexしてやるから、って。

 

その時はすっごい自信って思ったんですが、彼の愛撫を受けているうちにえ?ほんとにヤバいかも、え??とどんどん彼とのsexに夢中になっている自分がいたんです。

 

あまり自分から積極的にするタイプじゃないんですが、彼があれをあたしの前にぶら下げて口に入れようとしたときに、嫌だという気持ちよりもこれをものすっごく気持ちよくさせたいという思いでしゃぶりついてしまったんです。

ムード作りがうまいというか、体が合うとそういう風に感じるんだと思った瞬間でした。

 

ああ、いいね、うまい、そう、、もっと舌を使って、、そうそう、うまいじゃん、彼氏にもしてあげてるの?

 

 

どっちがおいしい?とか普通に聞いてきて、私は答えたいけど口の中にいっぱい入っててもごもごしか話せなくて、いいよ、答えなくていいからもっと舌を使って俺の感触覚えるんだよ、って頭を持たれて喉の奥までつかれました。

 

こんな風に乱暴にされても嫌じゃなくてしっかりと太ももにしがみついてまで受け入れている自分にも驚きました。だってもう息もできなくて涙目になっているのに離したくないんですよ。

 

 

 

 

【姉はヤンママ授乳中in実家】

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はBookliveコミックで

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

姉はヤンママ授乳中in熱海編

<<お試し読み>>

姉はヤンママ授乳中in実家編

<<お試し読み>>

【姉はヤンママ授乳中in実家編】のネタバレ

 

いいね、うまい、よくできました。とようやく解放してくれて、そのあとは彼がそれを私の中に入れてめちゃくちゃにかき回してきました。

 

いやあ~もうやめて~もうダメ、、、ダメだよ、、というのが精一杯でした。

 

ガタイがいいから言っても話してくれるわけでもないし、壊れそうって初めて思いました。

 

それで、ほんとに私、彼氏としててもその人のことやその人のアレがちらついてしまって、罪悪感でいっぱいなんです。

 

彼氏のアレは申し訳ないけどしょぼく思えてしまって、前よりも魅力を感じなくなっています。

 

もうダメ、別れた方がいいかもしれない、あの人のアレをしゃぶりたい、って思っています。

 

【姉はヤンママ授乳中in実家】

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はBookliveコミックで

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

姉はヤンママ授乳中in熱海編

<<お試し読み>>

姉はヤンママ授乳中in実家編

<<お試し読み>>