【無料】姉はヤンママ授乳中in熱海編・実家編※俺の大好きなエロ漫画をネタバレ

※俺の大好きなエロ漫画をネタバレ

 

【姉はヤンママ授乳中in熱海編】

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はBookliveコミックで

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

姉はヤンママ授乳中in熱海編

<<お試し読み>>

姉はヤンママ授乳中in実家編

<<お試し読み>>

【姉はヤンママ授乳中in熱海編】のネタバレ

一昨日の奥さんとのエッチお互い30代の結婚8年目の夫婦です。

 

今でも週に2〜3回はエッチしています。

 

一昨日の夜、会社から帰宅してご飯を食べ、子どもをお風呂に入れて寝かしつけが終わった頃に奥さんが寝室に来ました。

私は毎日でもエッチしたいので、前回エッチしてから3日経っていたこともあり奥さんを誘いました。

 

奥さんもエッチは好きですが、未だに恥ずかしいらしく毎回軽く拒否してきます。

 

ただ、私が攻めればすぐに感じて我慢できなくなり「早く挿れて」と言ってきます。

 

先日もいつも通り軽く拒否されましたが、キスしたり背中を触ったりしているうちに感じ始めました。そうなれば後は私が好きに攻めるだけです。

 

私は奥さんの身体のいろんな部分を舐めるのが好きです。

 

その日もいろんな部分を舐めていじめることにし、奥さんをうつ伏せに寝かせてパジャマから唯一見えている首を舐め始めました。

奥さんは舐められると弱い部分が沢山あり、首もその中の一つで首を舐めてるだけで濡れてしまいパンツがビチョビチョになることもよくあります。

 

奥さんもそのことはわかっているので、しばらく首を舐めていると「濡れちゃうから脱がして」と言ってきました。その言葉を聞いた私はすぐに奥さんを全裸に脱がせました。

脱がしてからは、柔らかいお尻を揉みながら、舐める場所を首から背中へと移しました。

 

奥さんは背中の中で何箇所かとても感じる部分があるため、そこを重点的に舐めてあげると、声を我慢できなくなり喘ぎ始めました。

 

その頃には毎回必ずマンコがビチョビチョになっています。

 

 

お尻を触っていた手をずらしてマンコが濡れていることを確認してから、奥さんの耳元で「マンコ舐めさせて」と言いました。

 

当然奥さんは恥ずかしいので、「おっぱい舐めて」と言ってきます。

 

 

【姉はヤンママ授乳中in実家】

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はBookliveコミックで

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

姉はヤンママ授乳中in熱海編

<<お試し読み>>

姉はヤンママ授乳中in実家編

<<お試し読み>>

【姉はヤンママ授乳中in実家編】のネタバレ

私は言われた通り少し乳首を舐めてあげてから仰向きに寝て、「早くマンコ舐めさせて」と言うと、奥さんは恥ずかしがりながら私の顔を跨いできました。

 

私はこの体勢でマンコを舐めるのが一番好きなので、クリを中心に濡れてビチョビチョのマンコを舐め回しました。

 

奥さんのマンコはさらに濡れて、乳首を指で弄りながらクリを攻めていると「いく〜!」と言って逝ってしまいました。

すぐに奥さんを仰向けに寝かせ、勃起したチンコにゴムを付けヌルヌルのマンコに一気に挿入しました。

 

逝ったばかりのマンコはビクビクしながらとても締まっているので挿れただけでもとても気持ちよかったです。

 

挿入してからはチンコで奥さんを攻めます。

 

奥さんは一度逝ってしまうと子宮口の付近が最も感じるため、チンコを奥まで挿入し感じる部分に押し付けながら擦ってあげると、漏らしたみたいに濡れて感じていました。

 

しばらく奥を擦ってあげてから、一度抜いて奥さんをうつ伏せに寝かせ寝バックの体勢で挿入しました。

 

この体位でも奥まで挿入して擦ってあげると、「グチョッグチョッ」とマンコから音がするほど感じていました。

 

その頃には私も攻めることに満足したので、再度仰向きに寝かせ思いっきり突いて、3日間溜めた精子を思いっきり出しました。

 

【姉はヤンママ授乳中in実家】

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はBookliveコミックで

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

姉はヤンママ授乳中in熱海編

<<お試し読み>>

姉はヤンママ授乳中in実家編

<<お試し読み>>